Sakura - ファースト・センティア・インベスターズ

ファースト・センティア・インベスターズ(旧ブランド:ファーストステート・インベストメンツ)は、グローバル資産運用グループであり、長期的な時間軸に基づく高いクォリティーの運用戦略をお客様に提供することにフォーカスしています。独立した専門のスペシャリスト運用チームを擁しており、そのすべてが責任投資原則に対するコミットメントを共有しています。

ファースト・センティア・インベスターズは、グローバルと地域別双方の株式、キャッシュと債券、インフラとマルチ・アセットといった多様な資産クラスに対して、さまざまな運用戦略を提供しており、すべての戦略において継続的かつ一貫した運用実績の達成を目指しています。

創業来30年超にわたり、長期的な時間軸に基づく資産運用ビジネスを実践しており、機関投資家、年金基金、プラットフォーム事業者、フィナンシャル・アドバイザーおよびそれらの顧客に代わって、1,760億*米ドル超を運用しています。

ファースト・センティア・インベスターズは、独自の責任投資およびスチュワードシップ原則に則り、業界トップクラスの運用スキルとお客様へのソリューションを提供することが使命であると考えています。この原則はあらゆる運用チーム、あらゆるビジネス戦略、そして企業カルチャーの中核部分として刻み込まれています。

責任投資スペシャリスト・チームが横断的にすべての運用チームをサポートしており、運用プロセスにおけるESGインテグレーションの支援や新たなESG問題に関するコラボレーションの機会提供といったことを行います。国連の責任投資原則に2007年に署名、2013年にはグループ横断的なスチュワードシップ原則を策定しています。

ファースト・センティア・インベスターズは、投資魅力のある多様な資産クラスに対して、さまざまな運用戦略を提供しています。

17の独立した専門スペシャリスト運用チームを擁しており、株式、債券、インフラ、マルチ・アセットをカバーしています。

サブ・ブランドとして、アジアおよびエマージング株式のFSSAインベストメント・マネージャーズ、エマージング株式とサステナビリティー運用のパイオニアであるスチュワート・インベスターズ、システマテッィク株式運用のリアルインデックスがあります。

2019年8月2日をもって、当社の親会社が、オーストラリア・コモンウェルス銀行から三菱UFJ信託銀行となりました。ファースト・センティア・インベスターズは三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJ信託銀行傘下で独立したグローバル資産運用ビジネスを展開しています。

* ファースト・センティア・インベスターズ、2020年12月31日現在

問い合わせ先

Will Oulton - Global Head of Responsible Investment, First Sentier Investors

E-MAIL: UKStewardship@firstsentier.com

TEL: +44 (0) 207 332 6500

Ken Mitsutani - Head of Responsible Investment, EMEA, First Sentier Investors

E-MAIL: UKStewardship@firstsentier.com

TEL: +44 (0) 207 332 6500

相川 弘行 - ファースト・センティア・インベスターズ株式会社

E-MAIL: hiroyuki.aikawa@firstsentier.com

TEL:+81(0)3 6860 4693